設計に使用するCADの3次元への移行を検討しておりましたが
実運用をしつつ利用環境を整備してまいりました。

以下に現状での移行状況をお知らせいたします。

  • 土木・建築図 3D化
  • 配管図 3D化
  • 構成加工品 3D化
  • 各種材料集計 3D化(3D集計機能)
  • アイソメ図 3D化
    *提出内容によっては一部2DCADによる作業を行います。

また、3D化によっていろいろとメリットがありました。(デメリットは特にありません)

  • 任意の平断面で出力できるため、必要に応じて現場サイドの希望する図面を即座に提出できる。
  • 図面修正も平断面でリンクされるため作業者のチェック漏れ等が削減され精度の高い作図が可能となりました。
  • 材料集計等も自動集計が行えるため部材の集計ミスが削減されました。
  • 作業全般自動化できる部分が多く、作図作業時間を軽減することができました。

時間がとれましたら、利用しているCADのレビュー等していきたいと思います。