あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年は事務所常駐によるプラント設計プロジェクトへの参加等、設計者として意義のあるお仕事を請け負うことができ、充実した一年となりました。

本年も引き続きプランニングから施工まで一連した設計業務予定があり、良いスタートが切れそうです。

前々から思っていたことですが、本業務についてはまだまだ共通化できる事項が多いのですが、主業務に時間をとられ共通化作業が進みませんでした。
本年は共通化も優先して行い、主業務の効率化に努めたいと思います。
以上より本年は以下を目標に取り組みたいと思います。

本年の目標

  • 提携業務の共通化(整理)
    鋼製加工品の部品ASSY、機器廻り配管の共通化、未整理分の2D配管部材の基本データベース作成(アウゼ用)
  • 取り扱い測定機器の有効利用、新機種対応
    現場測定に常用していますが、運用方法を整理し情報公開して行きたいと思います。
  • 取り扱いCADアプリケーションの3D運用
    上下水道設計では配管の3D化はあまり進んではいませんが、鋳鉄管を含む配管設計の3D化に取り組んで行きたいと思います。
    それなりの導入コストが必要なため、すぐに本運用とはならないと思いますがゆくゆくは3D運用に移行できればと思っています。
  • CAD設計者のネットワーク
    土木建築関連全般ですがCAD設計技術者の高齢化が進んでおり、若手技術者も不足しています。
    事業開始当時からの目的でもあるのですが、CAD設計技術者の育成・ネットワークを密にし情報公開等進めて行きたいと思っております。

本年も上記を具体的な目標とし、継続して業務が行えるよう取り組んで行きたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。